HOME |  お知らせ |  ブログ |  会員サロン |  メルマガバックナンバー |  よくあるご質問 |  静岡大学SSCとは? |  静岡大学未来創成基金 |

共同開発を行った米袋のパッケージデザインが決定

以前、教育学部の伊藤研究室と川原崎研究室の合同で、デザイン研究室の夏休みのゼミ課題として行われた、お米「きぬむすめ」パッケージの共同開発について、9月20日にSSCブログで紹介させていただきました。

SSCブログ記事はこちら→「きぬむすめ」米袋図案を共同開発

そして、今月そのお米の販売が開始されたので、早速購入しました!

完成したデザインは…こちら!!

静岡の自然豊かな立地や特産品を彷彿とさせるデザインや配色、今年世界文化遺産に登録された富士山を抽象的に表現しつつも“静岡らしさ”を感じ取ることができるデザインは印象に残り、素敵ですね。また、ロゴも背景に馴染むように考えられていて店頭でも目立っていました。

裏面のデザインはこちら↓

そして、積み上げて販売しても「静岡県産 きぬむすめ」が見えるように、細部まで配慮されています。

まだ、購入してからいただいていませんが「コシヒカリ」並みの極良食味と聞いているので、非常に楽しみです。

販売店は静鉄ストアのみと聞いています。

 

コメントを残す