HOME |  お知らせ |  ブログ |  会員サロン |  メルマガバックナンバー |  よくあるご質問 |  静岡大学SSCとは? |  静岡大学未来創成基金 |

2017年6月26日発行

─SSC Information───────────────────────

■ 静岡大学サポーターズクラブ メルマガニュースVol.19

2017年6月26日発行  (季刊発行)

────────────────────────────────────

○静岡大学サポーターズクラブからのお知らせです。

○静岡大学のイベントや同窓会からの情報などをお届けします。

○静岡大学サポーターズクラブ URL⇒https://ssc.adb.shizuoka.ac.jp/

◆近況

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

平成24年10月1日SSCサイト開設から

アクセス総数 82,548 カウント

会員数 6,361人になりました!

(平成29年6月26日現在)

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

 

★☆★《静岡大学からの情報》★☆★

ご挨拶 学長 石井 潔

本年4月から学長をつとめることとなりました石井です。

大学における教育・研究の基本は、多様な考え方をもつ他者との交流を通じて、個人や個別的「文化」の狭い経験や立場を越えた新しい認識や発想を獲得する場(福沢諭吉的意味での「文明=人間交際の深化・発展」)を提供することであるというのが私の信念です。

このような基本理念の下、「多様性の下でのみ人は育つ」をキャッチフレーズに、静岡大学を今まで以上に「カラフルな」キャンパスにするべく力を尽くすつもりです。会員の皆様からいただくご意見もまた「多様性」の重要な構成要素となりますので、今後とも是非よろしくお願い致します。

————————————————————————————————————————

 

-ブログ・会員サロン記事からPick up-

1.平成29年度静岡大学入学式

平成29年4月4日(火)に平成29年度静岡大学入学式をグランシップ大ホールにおいて挙行しました。

https://ssc.adb.shizuoka.ac.jp/?blog=201704134

2.春のビッグフェスティバル2017

平成29年5月13日(土)・14日(日)の2日間にわたり、静岡キャンパスで『春のビッグフェスティバル2017』が開催されました。

https://ssc.adb.shizuoka.ac.jp/?blog=201705241

3.平成29年度静岡大学名誉教授称号記授与式

平成29年5月23日(火)に大学会館にて、平成29年度静岡大学名誉教授称号記授与式を実施しました。今回、平成29年4月1日に名誉教授の称号を授与された新名誉教授は15名でした。

https://ssc.adb.shizuoka.ac.jp/?blog=20170526

4.平成29年度全学一斉地震防災訓練

平成29年5月24日(水)に南海トラフ巨大地震に備えて、全学一斉の地震防災訓練を実施し、静岡・浜松両キャンパスの学生や教職員、地域住民あわせて約5,300人が参加しました。

https://ssc.adb.shizuoka.ac.jp/?blog=20170529

5.本学公認文化系サークルによるイベントのお知らせ

吹奏楽団、管弦楽団、S.S.Hの演奏会が開催されます。演劇部による新人公演、よさこいサークルによる「良さ来い!茶ノ国祭り」が開催されます。

https://ssc.adb.shizuoka.ac.jp/?salon=20170607

6.サイエンスカフェin静岡

理学部主催のサイエンスカフェも24シーズンを数えます。

http://www.sci.shizuoka.ac.jp/sciencecafe/

★☆★《各学部・全学同窓会から》★☆★

7.リレーエッセイを更新しました

同窓会リレーエッセイは、各同窓会からご推薦のあった同窓会の皆様から、リレー形式によりご投稿いただいているものです。

https://ssc.adb.shizuoka.ac.jp/?salon=20170426

┌─────

編集後記 ■ SSCメルマガvol.19の発行にあたって

└─────

SSC会員の皆様こんにちは。いつもSSCメールマガジンをご愛読いただきありがとうございます。前任の前田さんの後を受け、4月に着任しました理事・事務局長の堀川光久でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

新しい年度がはじまって早3ヶ月です。今号では、平成29年度入学式や教職員・学生・地域の方々と一体となった全学一斉地震防災訓練の模様などをご紹介させていただきました。

これからも学生、留学生の活動をはじめ、本学の様々な活動・取り組みを発信してまいります。また引き続きご愛読いただけますよう内容の充実を図ってまいります。

SSC会員の皆様には、今後とも本学へのご支援をいただきますようよろしくお願いいたします。